FC2ブログ

converge / jane doe

20071117035606.jpg現代ミュージックの中で昨今、巷では最も重要な作品とされ賞賛され続けてるアルバムがある。convergeのjane doeだ。なんだか「この作品がわかんなかったらカオティックは聞く資格ねぇー!」みたいに言われてますが、全くその通り。大袈裟でも何でもなくここまで狂おしく、そしてどこまでも優美で、狂気染みた音が今までも、そしてこれからもあるだろうか?converge自らでも越えられない、ある意味自ら十字架のようなものを作り上げ背負ってしまったかのような奇跡の傑作。もちろん今更俺が言う事も無いんだけどね!
んでもって今回のこのjane doe(ジェーン・ドゥ)って、名無しの権兵衛の女性をさす言葉らしいんだけど(男性版はJohn Doe)アルバム自体に名前がないのは解るけどまた女性を指してるあたりが憎い。そしてどこかヒステリックなまでに狂い女性的な美しさまで感じるこの感覚は間違いではなかった。
近くないけどNEUROSIS、音は全然違えどNEUROSIS、どこかしこにやっぱり芸術的とさえ言える音作りへのこだわりを感じるとただの爆音を奏でるバンドとは一線も二線もの差を感じる。ロックは完全に芸術になり得る。これを聞いて震え上がらないやつはお尻ペンペンしてやるからな!
特にアルバムタイトル曲jane doeは混沌of混沌、もう戻ってこれない世界にまでつれて逝かれます。

追記:今年のconverge来日の際、メンバーも演奏するのが2年ぶりというsaddest dayがアンコールで披露された。メンバー自身も演奏を忘れてたらしく、ツアー中ずっとipodでsaddest dayを聞いて思い出してたらしい。その甲斐あってか現在の神懸かった表現力と演奏、そしてなにより興奮でカオス過ぎる会場はきっと俺の汗でびしょびしょだったはず。
みんな、あの時はゴメンな!!!









スポンサーサイト



・heaven in her arms / 黒斑の侵蝕

071105_1719~0001.jpgはい出ました!今年のAMPERE/LA QUIETE with killie/heaven in her armsのジャパンツアーより発売を開始した、待ちに待った12曲入りheaven in her arms1stアルバム!!ぃやっほーぅ!!!!思わず発狂しちまうぜよ!言わずものがな漏らしてますよ!!色々と!!
しっかしもぉー素晴らしいよ!素晴らしいよで済ましちゃったらレビューにならないけど素敵!!
内容の方は今までリリースしてきたコンピに入ってたGET OUT(脱化)や2ndDEMO収録曲2曲、CLEAVEとの7inch Jaket split TAPEの痣で埋まる、tomato stealとの3inch CD splitに収録の鉄線とカナリアなど内容充実!そのほかに未発表の曲や、上記であげた曲なんかもかなりアレンジが変わってて、これは聞かなきゃもったいない。
そして何より今回入手したアルバムには歌詞カードが付いている。彼らにとって楽曲はもちろん歌詞はかなり重要なメッセージになってると言う。彼らのライブで一緒にシンガロングと言うか曲の要で一緒に叫べるって言うのはかなり幸せな一瞬であって、なんかもーモゾモゾしちゃいます。
勝手な解釈だけどやっぱconverge好きなのかな?そもそもheaven in her armsってconvergeの曲のタイトルにもあるけどどーなんだろう?convergeに影響されててもおかしくない神々しい発狂と美しい音像、複雑な曲構成、まったくもってたまりません。
また色々と活動の方も活発で、先日無事終わったツアーもヘヴンの方がアンペア、killieの方がラクイテを呼んで、時期も一緒だし一緒に回ろうか!って事で合同ツアーが行われたらしいですよ。自分は二箇所行ったんだけど両日とも大盛況の会場も俺の股間もパンパン!!
今回プレスした分のこのアルバムは売り切れたらしいです。次のプレス分は年明けの1月に一般流通だそうですよー。
今は何してるんだろう?前に一緒にジャパンツアーしたDAITROと一緒にフランスツアーかな?DAITROもまた素晴らしいバンドなので日本に呼んでいただきたい。
みんなもこれ聞いて会場で一緒に漏らそうぜ!!!


・heaven in her arms/GET OUT (コンピ内の曲)

hiha.jpgconp.jpgDISCユニオン限定コンピ(画像右)の中の1曲heaven in her armsの新曲GET OUTっす!!!このコンピは本当に買ってよかった。コンピについては他でまた書きます。とにかくheaven in her arms!!!本当に震えます。さてさてこの曲GET OUTなんですけど。前作の自主制作の2ndDEMOのCDRの3曲目にもライブヴァージョンとして入ってたんですけど今回のこのコンピではなんと待望のスタジオ音源!!!ライブでは荒々しい印象を受けたこの曲もスタジオ音源では素晴らしく優しいパートから激情系壮大パートまでを飲み込んだ本当にマーベラスな曲に仕上がっていましたよ。このコンピには歌詞カードは入ってなく、彼らのHPよりメンバーに連絡を取れば(在庫があればだと思いますが)歌詞カードを送ってくれます(画像左)。彼らの魅力は音の素晴らしさもありながら、また歌詞も言葉のパズルのように並べられてて素敵。是非機会があれば読んで欲しい。後期There is a light that never goes outのような不思議な空間に持って行かれること間違いなし。

「応答セヨ!!!」                  「こちら逸脱傾向!!!」
「 G e t O u t ! も う  い い  殺 し ち ま え っ て 」
「殺したのは 僕 反復を望んだのは 僕 加害者は 僕 加害者は僕だけ」
                                           (GETOUT歌詞より)

なんて言うか音の荒々しさは初期envy何だけど曲の構成は現在のenvyに引けを取らない複雑でいて、起伏の激しいエモーショナルな展開。伸びやかでいて、でも胸の中がグチャグチャにならんばかりの激情。聞いてるとこっちまで叫ばないと苦しくなる!!!この曲でもー俺は彼ら無くしては生きて行けないと確信した。激名曲!!!!!



・HEAVEN IN HER ARMS/2ND DEMO

render.jpg東京の3本ギター&ベースとドラムの5人組激エモカオティックバンドHEAVEN IN HER ARMSのセカンドDEMO CDRですよ。ぶっちゃけセカンドDEMOを聞くまでは知らなくて、初めて聞いたときは「うわ、やられた!胸キュン!」だった訳で。惚れに惚れ込んでライブを見たらもうハート鷲掴みですよ。抱いて!!音の方は幻想的で激しく、時にユッタリで多岐な展開を見せる彼らの音はENVYの方向性に近いが、似てるとはいえない。それどころかもうHEAVEN IN HER ARMSという一つのジャンルかの如く音で感情に畳み掛けてくる。日本語の歌詞で激しくエモくて、聞いてるときの顔は凝視されたくない!!そんな心境です。ライブはメンバーが自由奔放なまでに後ろ向いてたり横向いてたり、そして彼らの後ろにはプロジェクターから映し出されたマーベラスな映像が流れ、彼らの音がより深く心に染みてくる勢いです。また今回の音源は3曲入りで1曲が長い!めっちゃ俺好み!たたみ掛けてくる展開の後にHOPESFALLさながらのアルペジオで癒し&スポークン調ボーカルがあったと思えばジワジワ音が重なってきて最後にドカーンみたいな。とにかく音で涙を流したかったら聞くべきです。今年は昨年末に新作を出したDAITROと日本ツアーもあるので足を運んで感動してみないか?うほ。

Template Designed by DW99