FC2ブログ

Sleep/バンド紹介

sleep_front.gif
Al Cisneros - Bass / Vocals
Chris Hakius - Drums
Matt Pike - Guitar

もくもく大好きバンドSLEEP。アメリカ、カルフォルニアの出身の今は無き(本当の意味で)伝説的なバンドなんです。Asbestosdeathを経てSLEEPを結成し、Black Sabbath直系のドゥーム/ストーナーな音にサイケ感まで取り入れ、果ては壮大な旅行絵巻、アメリカからエルサレムまでの旅行がCDを聴くだけでできてしまう脅威のアルバムをも作り上げた変態達。好きだ。
しかもこのバンドのメンバー、バンドをやりながらお坊さんやってるんじゃなくて「こんな世の中、いやじゃー!」って言ってバンド辞めてモンクになっちゃったからね。熱い。どこまで俺を夢中にさせる気だ。
とにかくこのバンドを語る上で最も書かせないのが神様からの贈り物の「草」(93/88/モクモク。わからない人はお母さんに聞いてみよう!)なんですけど。彼等は本当に大好きなんですよあれが。ボングジラもあれ食ってばっかなんですけど、やっぱり彼等の音はあれの話し無くしては語れず、あれに関する逸話もいっぱい。jerusalem発売延期の話しは有名だが(詳しくは下のレヴュ参照)彼等の草好きがぶっ飛んだ逸話まで生み出している。レコーディング費用をあれにつぎ込んでしまってレーベルとの話しが解消されてしまったって話し。多分嘘なんだろうけど彼等なら納得できる話し・・・食いすぎだぞ。ちなみに俺はキャスターマイルドだから!

SLEEPオフィシャル HP
解散。

SLEEP好きな人にオススメ
melvins - corrupted - Electric wizard - Boreboms - Cavo - Old man gloom -
Today is the day

スポンサーサイト



・Sleep/Volume One(1991)

sleep_volume_one.jpgAsbestosdeathから名前をSLEEPに変えての改進のファーストアルバム。ジャケットの素晴らしさもさる事ながら、一曲目stillbornからいきなりやっちゃってくれてます。重いなんてもんじゃない。ワンリフで「いつまで続くの!?」ってぐらい重苦しく長い前奏でSLEEPワールドまっしぐら・・・ギターとベースのユニゾンが重々しく、しかも怪しく鳴り続けます。それはまさに「拷問系ドゥーム/ストーナー/スラッジ」の幕開けとも言うべき作品ですよ。これを聞いて「素敵・・・」って思える俺は激Mですか?
素晴らしい作品には変わり無いが、まだSLEEPの素晴らしさを語るにはこの作品ではSLEEPパワー全開ではなく、荒削りな部分も多く、後期SLEEPの持つ空間全体がよじれんばかりのグルーブ感は薄い。
この作品を発表後、世の中に対する絶望から自殺行為を繰り返していたジャスティンが、モンクになるために脱退。熱い。レディング近郊の僧院で7年間もの間修行を積んだと言う。本当に病んでたんですね。頑張れジャスティン!

・Sleep/Sleep's Holy Mountain(1993)

sleep_holy_mountain.jpgセカンドアルバム、ホーリーマウンテン。出ましたよ。前作の延長線上にある音をもっと押し進め、サイケ感を爆発させサバスの影響も感じるがあくまでもオリジナリティーに拘り、まさに本物のSLEEPの音として完成させた脅威の作品!あのオズボーンのおっさんも「70年代の俺らに最も近いバンド」と賞賛した。アングラシーンにもすごい影響を与えた作品。
そしてなんとプロデューサーはあのNEUROSIS、BRUTAL TRUTH、HELLCHILD等を手掛けたことでも有名なビリー・アンダーソン!おぃー!悪ぃーはずがないっすよ!
このアルバムで勢いをつけたSLEEPはCathedral等と共にヨーロッパツアーも決行し、翌年にはサイケ番長Nik Turner's Hawkwindの前座をACIDKINGと共に務めるなどの大活躍っぷり!草パワー全開で「オラァー月でライブしてぇーぞぉー!」との発言も飛び出す始末。よし、許可する!やって来い!
ちなみにこのツアーで演奏された新曲DOPESMOKERは、後の大名盤JERSALEMの原型とも言われている。いや。原型ってかそのままなんですけどね。はい。
Sleep's holy mountainで名実共に勢いを増し・・・次ぎの作品ではまさに凄いことに孤高の世界へと飛んでいってしまうことに・・・まさかレコード業界史上こんな事がかつてあっただろうかっつーぐらいの波乱万丈が!

・sleep/Jerusalem

sleep_jerusalem_4.jpg「みんなー!エルサレムへは逝きたいかぁー!?草持ってこーい!お母さんには内緒だよ!!」いや、JTのタバコでも充分逝けます。良い子のみんなも安心して手軽に逝けるSLEEP航空が送るエルサレムツアー。さぁ!大空を飛ぼうぜっ!
あ、ただいまぁー。うん。

何をそんなに興奮してるんだよとお思いでしょうが。これ知ってる人はわかるはず。それほど素晴らしい史上最高傑作エルサレム。その素晴らしさは←左のCDを見ていただけたらわかります。4枚も出てます。それこそ世界中の拷問ドゥーム/スラッジ信者達が血眼になって「あのCDをコピーでも良いから売ってくれ!」って必死こいてこのCDを聞きたいがために起こってしまった現象なのですよ。
実はこのCD、1994年後半には完成していたんです。しかしメジャー契約をしていたSLEEPが、メジャーアルバム用に作った曲が1トラック52分。これを聞いたレーベル側が「これじゃアカンがな!メジャーでこんなヤバ過ぎることしちゃアカンがな」と52分の超大作をあっさり却下。そしてレーベル側はバンドに無断でこの1トラック52分の超大作を6トラックに切ってプロモーションを始めてしまったのである(1番上の緑のジャケ)。それにバンド側は不満を持ち結局リリースは断念させられた。レーベルとも契約を解消。

しかし、こんなぶっ飛んだ音を拷問ドゥーム/スラッジ信者たちは無視するはずも無く、JERUSALEM自体はテープトレードにより、レーベルからのリリースもないまま皆に聞かれることになる。そしてコアなファンが聞いてたテープで満足するはずも無く、上の緑のプロモCDを元にブートレッグCDまで出てきてしまた。
その勢いは本当に凄く、その結果レーベルを介さない音源が巷にに溢れることになる。

この事態に失望したメンバーはとうとうSLEEPを解散させることに。解散後半年でメンバーのパットマイクはHIGH ON FIREを結成し吼えています。そしてドラムのクリスはなんと・・・モンクになっていたジャスティンとSABIANSを結成!おかえりジャスティン!

話は戻って、既に出まわってしまった音源JERUSALEMは1999年RISE ABOVE RECORDSから英国リリースが決定。アメリカではTHE MUSIC CARTELから無事正式に発表された。(三枚目のジャケ)レコーディングから既に5年経ってからの正式リリースなんです。すごすぎる・・・。

そしてやっと音の話しなんですけど、もー何だよこれは反則ですよ。52分間ほぼワンリフ。拷問です。そりゃメジャーもリリースを躊躇するよあんた。いやむしろ快感ですよほんと。あっさり聞けちゃうのね。しかも前作には見られない音の進歩たるや凄まじく、脳細胞のひとつひとつに音が話しかけてくるような感覚。素晴らしすぎる・・・。まず全楽器の音がこれでもかと分厚くなってグルーブ感500%アップ。こんな音楽聴きながら車は運転できません。目が廻ります。テンポは遅いといってもスラッジに聞きなれてしまった俺はそんなには遅さを感じない。しかし独特のドラムの使いまわしで、テンポがわからずグルングルンと頭の中をかきまわします。オズボーンのおっさんはこのCDを奥さんから「SLEEPの新作よ!」と持ち寄られ聴き「長いな。終ったら起こしてくれ」と言ったらしい。でも一応絶賛はしているが。

メンバーはこのJERUSALEMを作るに当たってMELVINSのアルバム「MELVINS(LYSOL)」(アルバム発売当初LYSOLというアルバムだったが、同名の殺虫剤メーカーに訴えられアルバム名をセルフタイトルMELVINSに改名)から多大な影響を受けたといっている。LYSOLも同様の長編スラッジナンバーです。興味ある人は聞いてみて!
しっかしこんなすげーバンドがレーベルとのこじれで解散してしまったなんて・・・本当に泣けてきます。勿体無さすぎですよ。江戸はもープンプンです。

そしてそして近年2003年!!JELUSALEMがDOPESMOKER(上から4番目のジャケ)として帰ってきた!DOPESMOKERとはJERUSALEMレコーディング時に付けられた原曲名でホーりーマウンテンのツアー時にもこの名前で演奏された。それがなぜか2003に発売!!!すげー!
内容は今までの物とは少し違って、こちらはオリジナルバージョン!前のJERUSALEMが52分だったのに対しオリジナルバージョンは63分!11分も増えてるっす!そしてなんとも嬉しいのが未発表曲のSONIC TITAN(約8分)のライブまで入ったお腹いっぱいCD!素晴らしいよ!

漬物石の変わりに置くも良し!
ケーキのトッピングにするも良し!
お墓のの中に持っていくも良し!

もー!好きにして!

Template Designed by DW99